映画、映画、映画

いちにちいっぽんえいがをみてなにかをかく(多分できない)ネタバレはあり。そうは言ってもただただ筋書きとか書いていったり細かく解説してとかそういうものではない。観た後に忘れないうちに急いで書くので誤字脱字はたいへん多い。近頃、寝る時間の関係上、映画が見れないこともある。

「アンドロメダ…」

 

 監督:ロバート・ワイズ

 1971年

 

 この堅実なSF映画の魅力は編集にあるのだろう。映像を取ってただつなぎ合わせる以上の技が、そこにはある。

 

SF映画といえば遠い未来を描くものが多いがここでは、あくまでも1971年が舞台なのだ。この映画のメッセージが持つ力は、そんな短な世界が描かれているからこそ、強く発揮されている。

 我々が見上げた先にある世界には、何があるかわからない。そんな、海底を覗き込むような恐怖心がそこにはある。我々は映画という媒体の中で様々な宇宙のあり方を見てきた。しかし、そこには都合の良さのための重力や人間にそっくりな宇宙人がいたり、どこかリアリズムに欠けると言っていいのかもしれない。

 この映画で描かれる宇宙生命体は、見事に我々の想像を超えてみせ、宇宙の持つ深みを感じることだろう。そこには魔法のような不可解な説明のつかない余地があることは確かだが、それは硬派なSFにおいては重要な要素かもしれない。スペース・オペラなんかでは、魔法のような力が出てきて戦ってりするが、そう言ったSFとは違う分類のように思える。

 この境界ほど訳のわからないものも少ないと思う。どちらにも魔法があってただ科学的に説明のつく範囲が広いというだけで、作品の分類が変わることさえあるのは、いささかあいまい過ぎないだろうか。しかし、「スター・ウォーズ」シリーズとこの映画を同じSFで語れるだろうか。さらにはタルコフスキーの「ストーカー」のようなSFはどちらに属するのだろうか。

 そこには確かな違いはあっても、境界などなく、ただ大まかにSFと呼ばれる。