映画、映画、映画

いちにちいっぽんえいがをみてなにかをかく(多分できない)ネタバレはあり。そうは言ってもただただ筋書きとか書いていったり細かく解説してとかそういうものではない。観た後に忘れないうちに急いで書くので誤字脱字はたいへん多い。近頃、寝る時間の関係上、映画が見れないこともある。

「20センチュリー・ウーマン」

 

 監督:マイク・ミルズ

 2016年

 

 あれ、俺の15歳の頃ってどんなだったかな。と思った。アニメを見て漫画を読んでマスかきに勤しむ日々。学校は楽しくないけど、それでも通った。実際に自分が女の子と付き合ってセックスするなんてなんて、考えたことも無かったのではないか。妄想しがちで、勉強もできない。運動もできなければ、外見も良くない。私はそんな15歳だったと思う。

 私には反抗期がなかった。成長と呼べる事件も起きなかった。美しい青春と呼べることも何も無かった。普通の人が通過することも何1つ経験せず、気づけば25歳になっていた。

 あれから10年という年月がたった、何か変わったことはあるだろうか。勉強はできるようになったかもしれない。しかし、それも今では遠い昔のような気がする。そして、妄想は今も私と一緒にある。それも、悪いことに私を苦しめるまでに肥大してしまっている。高校を卒業してから運動なんて、ほとんどしなくなった。外見だって何1つよくなってない。

 私の人生がこの映画のようであったなら、どれだけ救われたことか。私の周りには、街を出ようと誘ってくれる友人もいなければ、知恵を授けてくれるような大人もいなかった。ただ、誰もが、このどうしようもない生活を見て哀れと思うだけで、救いの手なんかを差し伸べようともしない。あいつはダメな奴だから何かしてやっても無駄さ、放っておこう。