映画、映画、映画

いちにちいっぽんえいがをみてなにかをかく(多分できない)ネタバレはあり。そうは言ってもただただ筋書きとか書いていったり細かく解説してとかそういうものではない。観た後に忘れないうちに急いで書くので誤字脱字はたいへん多い。近頃、寝る時間の関係上、映画が見れないこともある。

「荒野のガンマン」

 監督:サム・ペキンパー

 1961年

 

 この没個性的な題名からもお分かり頂けるだろう。よくある西部劇である。ダンスホールで働く女に銀行強盗、何か過去を持つ主人公。

 サム・ペキンパーといえば、かのワイルドバンチはこの8年後に公開される。そんな彼の作品、この時点でボディスナッチャーという非常によくできた映画の脚本に関わっており、良い作品を作る器量があったはずである。しかし、これはそんな名作ではなく、ただありふれた西部劇のうちの1つという程度にしか感じることができなかった。

 しかし、確かにどこか、普通と違うような香りはするのである。村人から陰口を叩かれ、仕方なくダンスホールで働く、信心深く真面目な女性が、主人公によって殺された息子の埋葬に向かう中、アパッチ族の弓兵を殺害してしまう。それまで受難の人生を歩み、そしてまた息子を殺害されるという大きな不幸が訪れた中、彼女はその身を汚すこととなる。主人公とくっつくための壁である息子の死、それを乗り越えるためのイベントとして「私も仕方なく人を殺してしまったから彼の気持ちがわかり、息子の死も許せるようになった」ということだろうか。しかし私には、それ以上の何かがあるようにも感じられた。

 そして、貨幣や金貨が舞う中、ボロボロになる狂った老人の哀れさからは、南北戦争、さらには戦争そのものの影を匂わせる。ヒロインを強姦をしようとする色男や突然現れるアパッチ族、主人公を執拗に追跡する弓兵。何か、まとまりのない荒野の人間たちが、その人間性を露呈しているような、粗野で残酷な世界がうかがえる。

 こうした何処か違う空気を漂わせながら、この作品はいかにもな西部劇を進めてゆく。そして最後には、何かがおかしいような、そんな気持ちがぼんやりと残る。